バレエ教室

バレエダイエットも気になってます♪
バレエ、西ヨーロッパで発生し広まった、歌詞・台詞を伴わない舞台舞踊だそうです。女の子なら習わしてあげたいお稽古事の1つですよね。

大人のバレエ教室

最近では、大人になってから趣味の一環としてバレエを習い始める方も多くなっているようです。教室によって設定は異なるでしょうが、レベルに合わせたクラスがいくつかあり、初心者でも安心して始められるようです。3ヶ月程度通い続けると、身体も慣れてくるとききます。
クラスは技術的なレベルだけでなく、多くの時間帯で授業が行われているようです。平日のお昼クラスだと主婦が大半で年配の方が多く、夜は会社員や学生さんが集まっているようです。自分の都合にあった所を選ぶことが出来、さらに同じ生活スタイルの人が集まる傾向があり、クラスメイトと打ち解けやすいかもしれません。
初心者クラスだと説明を受けていても、実際は少し上のレベルの方が集まっていたなんて話もあるそうなので、入学する前に教室見学に行く事をおすすめします。体験レッスンの場合は有料のところがあるそうなので、事前に確認しておきましょう。
レベルの確認だけでなく、クラス人数も重要なポイントです。中には30人以上の大人数クラスもあるようです。一見楽しそうですが、先生の目がなかなか全員には行き届きにくいとききます。初期の頃ほど正しい姿勢や方法を身につけないと悪い癖がついてしまうようなので、少人数生クラスの方が良いかもしれません。
また、女性に限らず男性もバレエを習うことが出来ます。圧倒的に女性が多く、男性を受け入れていない所もあるそうですが、スポーツクラブだけでなく、普通のバレエ教室へ通うことも出来ます。お手軽に始めたいということであれば、チケット制で授業予約不要のオープンクラスがおすすめです。

バレエの歴史は奥が深いので勉強中です。

バレエの教室

ロシアやヨーロッパには、国立のバレエ学校があり、バレエダンサーの養成が学校教育とともに行われているそうです。例えば、ロシアの「国立ワガノワ・バレエ・アカデミー」は、270年あまりの歴史がある名門校で、著名なダンサーや振付家たちを数多く世に出しており、クラシック・バレエ界のトップとされる学校です。
しかし日本には、国立のバレエ学校がないため、民間のバレエ教室に通う事になります。どちらかというと習い事として教室に通う方が多いような印象があります。数は少ないようですが、プロのダンサーを養成することに専念した教室もあるようです。趣味として、運動の一種の習い事としてバレエ教室に通うのであれば誰でも受け入れてくれるようですが、プロを目指す場合は入学の時点で大変なようです。
本人だけでなく親の体型もチェックされ、本人の覚悟を問われたりなど、厳しい選抜が行われるとききます。そして、見込みがある者だけが入学を許されるという、大変厳しい狭き門のようです。また、入学後も太ってしまって体型が変わってしまったり、バレエの成長具合が芳しくないと退学処分になってしまうこともあるんだとか。愛情を持ってのことでしょうが、厳しい世界ですね。
中には、2歳ぐらいから始められる教室もあるそうです。8歳ぐらいまでの幼い時期が身体が柔軟であり、幼稚園生ぐらいから始める方が多いのではないでしょうか。幼稚園で先生を招いて、バレエレッスンを開いているところもあります。子供の場合は、大体週1回のレッスンがほとんどのようです。上を目指し、コンクールに出たいとなると小学校3年生ぐらいの時期には週に4,5回のレッスンとなってくるそうです。

バレエ教室を画像検索してみよう

教えて!goo[バレエ]についての検索結果